そんでもって通販で買い物するなら絶対知っておいたほうが良いサイト





2013年9月29日日曜日

サカモトテクノ ギムレット 27インチのフロントクランクセットを交換してみた


この記事が役に立った!と言う方はポチッと応援お願いします



生活・文化 ブログランキングへ



サカモトテクノ 【ギムレット】 27インチの改造に関して記述しているブログです。


ココから先はサカモトテクノ 【ギムレット】 27インチのフロントギア交換に関するレビューです。


サカモトテクノ 【ギムレット】 27インチ購入から改造にいたるまでの経緯は


こちら→自転車がいくら漕いでも漕いでも進まない悩みを解消 をご覧ください。



フロントのクランクセットを→FSA シングルクランク 46T に交換してみました。























↑購入したFSA シングルクランク 46T

左右のクランクと、フィキシングボルト2個?(結局使わなかったボルトなので何のボルトかは
詳細不明)、L字の特殊レンチ(チェーンリングを留めているネジ用)が入っていました。



















↑右がサカモトテクノ 【ギムレット】 27インチ
クランクセット(36T)で、左がFSA シングルクランク 46T


FSA シングルクランク 46Tはたぶんアルミ製と思われます
(なぜか素材がネット通販サイトで紹介されていませんし、
商品の箱を見てもどこにも素材が書いてありませんでした)


重さは持ってみてわかりますが、FSA シングルクランク 46T
の方が圧倒的に軽く、


FSA シングルクランク 46T 右(373グラム)、左(221グラム)で、

サカモトテクノ 【ギムレット】 27インチ 右(572グラム)、左(388グラム)

でした。シティーサイクルのクランクギアは恐らく鉄の塊(ステンレス?)でしょう。



交換に際しわからないことが多いため、YOUTUBEで『自転車 フロントギア交換』とか

『自転車 フロントスプロケット 交換』などで検索するとフロントのクランクセット交換に関する

動画が沢山でてきたので、かなり参考になりました。



1.フロントのクランクセットを留めている14mmのボルト(フィキシングボルトというらしい)を外す。


まずラチェットレンチで14mmのフィキシングボルトを外すのですが、これがなかなか

外れません。



YOUTUBEで動画を見ると簡単に外していますが、実際はめちゃめちゃ硬く締められています。


恐らく自転車を工場で組む際にある程度は機械で組んでいる?と思われる。


人間の力で外そうとすると相当な力が要ります。(まあ私が非力ということもありますが)


ラチェットレンチをボルトにかました状態で足で踏みつけてやっとボルトが緩みました。


この時サカモトテクノ 【ギムレット】 27インチのクランクセットの内側のテーパーを

なめてしまい【コッタレス抜き】が入らないといったアクシデントに見舞われました。
(なめたテーパーをハンドリューターで削って解決)


あとでわかるのですが、ラチェットレンチは待つ部分が

長い物の方が力が入りやすいと思います。


2.ペダル取り外し

【ペダルレンチ】を使用してサカモトテクノ 【ギムレット】 27インチのペダルを外す。

思ったより簡単に外せました。



ペダルの外し方もYOUTUBEを参考にしました。



3.【コッタレス抜き】でクランクを取り外す。


これはTOUTUBEを参考にしてみて下さい。『自転車 クランク 外し方』『コッタレス抜き』など

で検索するとHITすると思います。

これは左右とも意外と簡単に外れました。



4.FSA シングルクランク 46T 取り付け


旧クランクセットが外れれば取り付けは簡単です。クランクの軸に

あわせて右と左のクランクを取り付けるだけです。



5.SIMANO CN-HG50 116 チェーン張替え


チェーンカッター(チェーン切り)を使ってチェーンを張り替えました。

歯数が36Tから46Tに変更になるので、もともとのチェーンより長くする必要があります。


ケチってそのまま以前のチェーンが使えないか試しましたがやはり全然足りませんでした。



















↑これがチェーンを張り替えた後のフロントスプロケット。



ただ、ここまでやって新たな問題発生!


詳細は後日報告します!


この前の記事→自転車がいくら漕いでも漕いでも進まない悩みを解消 



>>> この記事が読まれています



この記事が役に立った!と言う方はポチッと応援お願いします



生活・文化 ブログランキングへ




g+

この記事が「役に立った」と言う方は是非G+ボタンでフォローお願いいたします