そんでもって通販で買い物するなら絶対知っておいたほうが良いサイト





2014年6月29日日曜日

廃棄 バッテリーはどう処分すればいい?

自家用車やバイクのバッテリーを自分で交換した場合、

困るのは


使い終わったバッテリーをどう処分すればよいか?


だろう。



一番簡単なのはいつも出している家庭用ゴミの回収で無料で回収してくれれば

何も問題ないのだが、無料で燃えないごみとして回収してくれる自治体は少ないのでは?



私が住んでいる地域は燃えないごみとしてバッテリーの回収はしてくれないので、色々調べて

みた。


「バッテリー回収 無料」


で検索するとでてくるのは、大型(普通乗用車用)なら2個以上から、バイク用なら

10個以上から無料回収といった業者が殆どだ。


無料じゃない場合は1個1,000円以上ぼったくられる。


カーディーラーなら無料で回収してくれるのでは?と思ったが、自動車の販売店には

産業廃棄物の回収⇒処分の免許が無いのでディーラーによっては回収してくれない

ところもあるらしい。


私の車を買ったディーラーとは10年以上の付き合いなので、言えば引き取ってくれるとは

思うが、なじみのディーラーが無い人はどこに回収を頼めばよいか??



実はすでにヒントがある。


産廃回収業者はバッテリーを回収したあと、何らかの方法でバッテリーを復活させて、

中古バッテリーとして売る場合もあるらしい。


ということは産廃回収業者は何種類かバッテリーを回収できる術を持っているはずだ。



・個人から買取

・ディーラー(車・バイク)や販売店からの回収



これだ!







車やバイク関連の販売をしている業者から大量に廃棄バッテリーを回収しているに

違いないと考えた私は、近所にあるタ●ヤ館と●ートバックスに問い合わせてみた。


「廃棄バッテリーを持ち込めば無料で回収してくれますか?」


答えは両方ともYES



つまり、販売店はバッテリー交換などを行った際に出てくる廃棄バッテリーを

まとめて産廃業者に有料か無料で引き取ってもらっているはずだ。


なので個人が持っていった1個のバッテリーも販売店によっては少しの利益になっている

かもしれないのである。


いきなり持ち込んでは断られることも多いと思うので、引き取ってもらえるかどうかは

事前に確認して持っていくと良いだろう。





>>> この記事が読まれています


2014年6月19日木曜日

スマホやタブレットPCに保護フィルムを貼る必要があるのか?

会社からiPad miniを支給され、早速ダイソーで買った保護シートを貼った。


何故保護シートを貼るのか?


「なんとなく。なんか傷つきそうだし」


が理由だ。


ただ、保護シートが無いと本当にキズが着くのだろうか?


調べたところ、ipad mini は厚さ0.2mmのガラスに

コーティングやらなんやらで0.32mmの薄さらしい。まるで避妊具のような薄さ!


他のタブレットPCで「ゴリラガラス」なる強化ガラスがあるらしいが、


ちょっとやそっとでは傷はつかないのではないだろうか?


傷以外で考えると、落としたりしたときにガラスが割れない保護シートもありますね。


まず言えることは、ダイソーの保護シートでは、落とした際にほぼ


確実に割れるのでは?と思います。(ガラスが強化されていれば、


落としたくらいじゃ割れないかも?)


もう一つ考えたのは、油が着かないシート。

各社販売しているようで、指紋や顔の油が着かないなら貼ってもいいかも。



あともう一つは衝撃吸収フィルムだ。


やはり画面の保護を考えるとこのフィルムがふさわしいのだろう。


衝撃吸収 保護フィルム


ハンマーで叩いても画面が割れないフィルムなら安心して貼ることが出来る。

ただしiPhoneなどホームボタンの部分に保護フィルムが掛からない場合は

その部分は衝撃に弱く、ホームボタン周辺のガラスは割れてしまうらしいので

注意しよう。



>>> この記事が読まれています

2014年6月17日火曜日

抗菌素材の傘はないのか?

臭わない傘


で検索してこのブログに来た人~


2014年6月現在ではどうやら存在しないようです。



ビジネスで外回りに使っているカバンの中がやたらと臭い。


原因は折り畳み傘にあるようだ。


雨が振り、カバンから折り畳み傘を取り出して雨をしのぐ。


外回りが続けば、濡れた傘を袋に入れて持ち歩くしかない。


そうすると傘袋の中で雑菌が繁殖して、臭くなる。


このブログで何度か紹介している、

「モラクセラ菌」

と思われる菌だ。


雑巾のような生乾き臭だ。

この不便さを解消する方法として2つ思いついた。


一つは、


抗菌 傘ケース


誰でも考えそうなことだが、探してみると意外にこの手の商品は少ない。


SUSU傘ケースの商品一覧


くらいしかヒットしないし、サイズが小さい。

最近の折り畳み傘といったら二段折りばかりだが、

いわゆる昔ながらの60cmや55cmの折り畳み傘が入る抗菌ケースは

売られていないのではないだろうか?


SUSUで是非出してもらいたいもんである。70cmまでのロング用もあるようだが、

なぜか昔ながらの折りたたみに合うサイズはないらしい。



もう一つは、


抗菌素材の傘


これが無い。


探し足りていないのかもしれないが、傘自体が抗菌素材の傘は存在していないのでは?


是非とも商品化してもらいたいもんだが、ひょっとしたら、


「抗菌素材の傘は商品化出来ない」


のでは?とも考えられる。


何故なら、いわゆる雑菌=モラクセラ菌が臭いの元凶であると発見されたのが


つい二、三年前のことだからだ。


今まで「抗菌素材」を謳った商品はゴマンと商品化された。


抗菌ハンドル、抗菌ペンケース、抗菌スポンジなどなど。


とにかく抗菌と名が付けば潔癖症の日本人は馬鹿みたいに


飛び付いていたわけだが、そもそも抗菌とはなんぞや?


テレビCMなどでは誇大広告にならないよう、


「99.9%除菌」


等といった中途半端なコピーで消費者をあおっているが、

本当に除菌できているかというと眉唾物ではないだろうか?


モラクセラ菌が臭いの元凶というのが判ったのがつい最近ならば、

4〜5年前に売っていた洗濯洗剤なんて、


「部屋干しのいやな臭いを除去」


なんて全く嘘っぱちと言っても過言ではないと思う。

事実、そういったコピーで売られていた洗濯洗剤を使っても

生乾き臭が全然取れなかった商品があった。


そう考えると


抗菌素材の傘


というのは、なんとなく菌の繁殖を抑えることは出来るが、

結局繁殖を抑え切れずに臭くなってしまい商品化出来ないのではないか?と考える。



モラクセラ菌を死滅させるためには50〜60度のお湯に10〜20分漬けおかないとダメらしい。


臭いの原因菌はそれだけではないらしいが、

花王が突き止めたモラクセラ菌の除菌方法だけを考えても、

抗菌素材の傘は効果が薄いのかもしれない。


ここ最近そのモラクセラ菌を減らす研究が進んでいるようなので、早く


雨が降った後でも臭くならない傘


が商品化されることを祈るビジネスマンであった。



>>> この記事が読まれています

2014年6月16日月曜日

不便と便利の違い

普段不便に感じていることって、不便ながらもなんとかして不便を感じさせなくしているはずだ。


便利な物って、そのあたりの不便さを解消した商品と言える。


「不便だなぁ〜」


と感じている時にヒラメキによって便利な物を思いつければ億万長者にだってなれるはずだ。


発明の判りやすい例として、


「消しゴム付き鉛筆」


がある。考えた人は余程金持ちになったことだろう。


同じ考え方で、何かと何かをくっ付けるというのは、あのスティーブ・ジョブズも提唱しているらしい。



私も素人ながら考えたものがある。ただし思いついたときにはすでに商品化されていた。


・鏡付き携帯電話


・髭剃り付き携帯電話(中国にあるらしい)


・ラジオ付き携帯電話


・エピレーザー(除毛)付き携帯電話(これは流石にでまわってない?)


ここまでは携帯電話シリーズ。現在スマホになって、

薄型のためスマホと別の機器を合体させるのはちょっと無理があるかも。

人が飛び付くとしたら、

「便利なアプリ」

なんでしょうね。でも薄型で大型のスマホと何かとくっ付けることで

新たな商品が生まれると面白いかもしれません。


他に考えた商品は、

・自分の性格や運勢に合わせたアロマ販売機(考え付いた直後にゲーセンでセガが出してました)


・使い捨てレインコートとある物(これは今温め中のアイデア。レインコートメーカーさん是非コンタクトを!)


・クローム調テープ(ダイソーにありますが、需要はもっとあります!シルバーのメタルテープカモン!)


・鍋の蓋を熱いまま置ける(引っ掛ける)道具。ありそうで無いもの?


・寝ながら音楽が聞けるヘッドホン。通常のだと寝返りうつと外れるんですよね。


こんなもんかなあ。


アイデアはすばらしくてもインフラが整っていない発明もありますよね。


一昔前なら動画配信とかって回線の容量の問題でナカナカ出来なかったことですが、近年は当たり前になりました。


8Kのスーパーハイビジョンも放送用信号送受信テストでは

成功しているらしいので、近い将来すぐに普及するでしょう。


100年前のアメリカの特許庁長官だったか、こんなことを言ったらしいです。


「既に発明(特許)は出尽くした」


その時代に暮らしていると、発明品なんてもう出ないと思うんでしょうが、


「人知は無限」


とは良く言ったもんですね。


あとユニクロさん!是非商品化してもらいたいものがひとつ!


エアリズムと同じ素材で作ったハンカチまたはタオル。


これすげ~需要あると思うんですけど。


というか、汗をかいたときにハンカチで汗をぬぐいますが、真夏のくそ暑い時などは

ハンカチがびしょびしょになって、会社に着いてから人の迷惑にならない場所に干したり

しています。


まあ2枚3枚持っていけば良いのでしょうが、面倒くさい。持って行くのも洗うのも面倒くさい。


・速乾性があるハンカチ

・ヒンヤリ冷感素材のハンカチ

・究極の肌触りのハンカチ

で考えるとやはり


「エアリズムと同じ素材で作ったハンカチ」

に行き着いたのです。


ハンカチの不便を考えると、

・汗の量によってはびしょびしょになり使い物にならなくなる。


これに尽きるのでは?そう考えると


速乾性のあるハンカチ

は絶対的に需要が見込めると思うのですがいかがでしょう?(すでにそういうハンカチあるのかな?)


ユニクロさん私のアイデア買ってくれませんかね?

1枚だいたい400円くらいの価格設定にして、売れれば私に0.5~1円のマージンなんて

いかがでしょう?




>>> この記事が読まれています



g+

この記事が「役に立った」と言う方は是非G+ボタンでフォローお願いいたします