そんでもって通販で買い物するなら絶対知っておいたほうが良いサイト





2015年3月2日月曜日

花粉症に効果があるとされるフラボノイドの一種ナリルチンを多く摂取するには?

※以下の記事は花粉症対策として効果があると断定したものではありません。
あくまでもネットで得た情報を基に記述しておりますのでそれを理解されたうえで
お読み下さい。


数年前に花粉症効果がある成分として

「フラボノイド」

良いということを聞いたことがあります。



花粉症のアレルギー」の抑制効果があるということを

岐阜大学医学部の研究、「臨床免疫・アレルギー科」

50巻3号(2008年9月)にて花粉症の症状改善の効能が報告発表されているそうです。


「フラボノイド」 (flavonoid) は

天然に存在する有機化合物群で、

クマル酸CoAとマロニルCoAが

重合してできるカルコンから

派生する植物二次代謝物の総称。

いわゆるポリフェノールらしいです。




その「フラボノイド」の一種で

ナリルチン

という成分があることを知りました。


2011年の2月6日の日経新聞で大阪大学の

教授が「花粉症のアレルギー」の抑制

最大の効果があると認められているそうです。


「フラボノイド」とは、簡単に言うと

天然に存在する有機化合物です。


花粉症のアレルギー」を内側から

抑制するには、フラボノイドが役に立つ

ということです。


このフラボノイドが多く含まれる

食品ですが調べてみると

チョコレート
ココア
緑茶
ワイン

でした。よくポリフェノール

沢山あると聞きますがそれと関係あるんだと

思います。


でもこれらの食品が花粉症の人の症状を抑えれているか?

というとそうではないそうです。


実はこれらはフラボノイドが含まれる量が

微量とのことです。



ナリルチンフラボノイドの一種と

関連付けられ、

特に花粉のアレルギーの抑制

期待される物質と学会でも発表されています。


そのナリルチンは、柑橘類の

じゃばら

といわれる柚子のような果物に

多く含まれているそうです。

天然のナリルチンを多く摂取して

花粉抑制に期待したいなら

じゃばら

を食べればいいんですね。


とはいえじゃばらはなかなか近所の八百屋では売っていないようです。


調べて判ったのですが、和歌山県(北山村、紀の川市など)の

生産が100.5 トンと全国の84%を占めるらしく、どうも全国的には

流通していないのかもしれません。


と、ここまで煽っておいて「近所じゃ買えません」じゃ、

花粉症に悩む方は「じゃあじゃばらはどこで手に入るの?」

って疑問でますよね?


ここまで読んで下さった方に朗報!


ちゃんとじゃばらの商品って沢山あります。


↓楽天リンクです

★じゃばら 関連商品のリンク★




Amzonのじゃばら 関連商品リンク


サプリなので効能は絶対ではありませんが、じゃばら

花粉症が少しでも和らげば幸いです。


g+

この記事が「役に立った」と言う方は是非G+ボタンでフォローお願いいたします